title_service_shortstay

基本的に障害福祉サービス受給者証をお持ちの方で、知的障害者及び児童の方で、支給された期間を限度として、冠婚葬祭や仕事の事情等で、家庭において生活が困難なとき、生活介護の支援サービスを受けながら、施設に宿泊していただくことが出来ます。

sisetu_shin02

コメントは受け付けていません。